参考書ウォーズ

参考書の使い方、選び方、気になる点をご紹介!

数学 チャート式「結局どれを買えばいいの?」色別の比較説明と選び方!

こんにちは!

 

高校数学の参考書と言えば、みんな大好き、チャート式シリーズですよね!「学校で全員購入した」「なんとなく周りが買っているから買った」などなど、色々あると思いますが、高校数学の参考書で一番有名だと言っても差し支えないでしょう!

 

そんなせっかくのチャート式ですが、自分のレベルや状況に合ってないまま、なんとなく買ったからしょうがなく使っている、という感じで、効率よく活用できてないという人が多く見られます!

 

そこで今回は、チャート式の色(レベル)別に、内容説明、対象者、使用法や使用時の注意点など整理して紹介します!

 

基本情報

チャート式数学とは

白チャート、黄色チャート、青チャート、赤チャートからなる高校数学の参考書で、教科書レベルから超難関大レベルまで幅広くカバーできるものになっています。(なお、センターに特化した「緑チャート」も存在しますが、今回は割愛します。)

 

その幅の広さと網羅性の高さからか、学校採用で全員購入する高校も多いため、所有している高校生が非常に多いです。

 

白チャートはかなり基本事項から独学でも学習ができますが、シリーズ全体としては基本的に学校の授業や、講義系参考書でその単元を習った後に使用していく前提の参考書になります。

 

シリーズ構成

チャート式数学は、以下のシリーズで出ています。

 

幅広い対応ができる分、目的や状況によってどのレベルをやるかが非常に重要になります。

 

なお、シリーズ全体で重要な前提事項ですが、チャート式にはコンパスマークや星の数によって問題のレベルを5段階で表示する仕組みを全体を通して採用しています。このレベル表示はその参考書の相対的なレベルです。例えば、黄色チャートでレベル3の問題の一部が青チャートではレベル2で出てくるなどがあり得るということです。

 

白チャート「増補改訂版 チャート式 基礎と演習 数学Ⅰ+A」 

数学が苦手な人には間違いなくおススメです。学校購入では黄色や青を買うことが多いと思いますが、授業後にそれらを自分でやっていくのが厳しい場合や、学校の授業をサボっていて後から独学でカバーしないといけないという場合は、追加で白チャートを購入する価値はあります。難易度で言えば、これだけでもセンターなら平均点以上は狙えます。(センター形式に対応する演習は別途やるとして)

白チャートについては、こちらの記事も是非ご覧ください。

白チャートのススメ!基礎固めが重要! - 参考書ウォーズ

 

黄色チャート「増補改訂版 チャート式 解法と演習 数学Ⅰ+A」

中堅高校~普通進学校で学校購入するケースが多い参考書です。白チャートの本当の基礎のような部分は省かれていますが、教科書レベルの問題から対応しているので、黄色チャート採用高校の授業が理解できていればこの参考書で大丈夫です。ただし、その場合は青チャートでもついていける可能性が高いので、立ち位置としては中途半端かもしれません。もし黄色で理解が怪しい場合は、勇気をもって白チャートを徹底的に固めましょう。その後でも黄色や青に接続することは可能です。

 

青チャート「増補改訂版 チャート式 基礎からの数学Ⅰ+A」

 上位進学校~トップ進学校で学校購入するケースが多い参考書です。実は、基本例題と重要例題の部分に限れば、黄色チャートとの問題の差はあまり大きくなく、教科書レベルから対応しています。基本例題、重要例題以外の部分(演習例題、EXERCISES、総合演習)に融合問題や難関大入試問題を載せることで、上位~難関大に対応させています。

 

赤チャート「改訂版 チャート式 数学Ⅰ+A」

トップ進学校の一部で学校購入するケースがある参考書です。赤チャートには、青チャートの発展演習にも載っていないレベルの問題が入っており、解説も黄色や青よりシンプルなものが多いです。超難関大志望者で更に数学が好きで得点源にしたい、という生徒には向いていますが、殆どの生徒は青チャートで大丈夫です。というのも、結局は青チャートでも、その後に必要な入試レベルの演習系問題集を別途やりこむ人が殆どになるため、「どうしてもチャート式だけで超難関問題まで解きたい」という場合以外は、まずは青でしっかり固める方が良い場合が多いからです。

 

色別(レベル別)対象者まとめ

 白チャート

・数学が苦手だ!

・授業をサボっていて、独学でカバーしないといけない!

・黄色や青を学校で買っているが、それが厳しい!

・入試対策は別でやるので、まず基本を固めたい!

 

黄色チャート

・学校の授業は理解している!

・塾や参考書で、初学内容は学習できる!

・中堅校までしか絶対受験しない!

・更に上位を目指す場合は別で問題集をやる!

 

青チャート

・学校の授業は理解している!

・塾や参考書で、初学内容は学習できる!

・上位大を受験する可能性がある!

・1冊でなるべく広くカバーしたい!

 

赤チャート

・数学が好き&得意である!

・超難関校で数学を得点源に!

 

内容構成

シリーズを通して呼び方は異なりますが、基本的な内容構成は同じで以下のようになっています。

 

・例題(各単元の教科書レベルから入試レベルまでの典型問題)

・練習問題(例題の反復用の類題が例題と同数)

・Exercises(上記の類題に関連した追加演習問題)

・(総合演習)(青と赤のみ 難関大入試問題)

・(実践編)(赤以外 共通テスト用問題)

 

※共通テスト対策用の「実践編」は2019年に発売された増補改訂版で追加されたものです。2019年7月現在では、赤チャートは増補改訂版が出ていないため、この部分は含まれません。

 

理由は分かりませんが、呼び方がバラバラで内容が分かりにくいため、表にしました。ただし、あくまで内容構成の呼び方整理のためのものであって、問題のレベルがこの表通りに対応しているということではありません。

f:id:s_wars:20190704034917p:plain

おススメの使い方と注意点

 シリーズを通して、チャート式の特徴はその網羅性の高さあります。これが利点でもあり、逆に注意点にもなります。

 

問題数が多いため、受験期に最初から順番に全てやろうとすると効率が悪くなる、難しい問題で詰まったときに投げ出してしまう、というような人が多く、「チャートは使えない」という間違った判断をしてしまうのです。

 

これをふまえた上で、おすすめの使い方の要点は以下の通りです。なお、今回の記事では、受験学年で一気にチャートを活用して仕上げていくときにおススメの方法です。(1,2年で放置気味にしてしまった、という一番多いケースを想定しています。別のタイプについては、記事の趣旨が変わってくるので別の記事でまとめています!)

 

※以下の説明は代表例として、メジャーな青チャートの呼び方で表現します。他の色での呼び方は、先ほどの一覧を確認してください。

 

・基本的にまずは基本例題だけを解いていく

基本例題は、難易度レベル1~2(たまに3も)であり、このレベルをまずはしっかりと固めることが重要です。最初から最後まで全部の問題を解こうとすると効率が悪いです。基本例題を一通り終わらせてから、解け具合を判断して重要例題に進みましょう。1周目で解けなかった問題だけ、再度基本例題を解き、その「練習」も解いて、定着しているかを確認しましょう。

 

・基本例題が全範囲固まったら重要例題を解いていく

 基本例題が一通り固まったら、重要例題を解いていきましょう。ここでも、まずは「練習」は解かなくてもいいです。基本例題と同様に、1周して解けなかった問題のみ再度解きましょう。※もちろん時間があるなら「練習」も全て解いた方がいいに決まっていますが、ここでは忙しい平均的な受験生の前提で書きます。

 

・例題が仕上がったらEXERCISESに進む

正しい色(レベル)のチャートを選んでいる前提で言えば、例題が全て終わった時点でかなり力はついているはずです。ここからはEXERCISEで実際の入試演習になりますが、基礎の理解が怪しいと思ったら、EXERCISEの各問題のところに書かれている対応の例題番号を見て例題に戻りましょう。場合によってはEXERCISEを飛ばして、志望校に合ったレベルの入試問題集にここから入ることもできると思います。

 

・EXERCISESまで終わったら必要に応じて総合問題に行くか、過去問や入試問題集に進む

ここからはひたすらに入試演習になります。過去問をメインにしながら、チャートも辞書的に活用しましょう。ここまで使い込んでいれば、直前期にも「今までに間違えたEXERCISEだけ解く」というような効率の良い演習ができるようになります。

 

・例題や演習問題は、解く度に解け具合をメモしておく

繰り返しになりますが、チャートは問題数が多いです。全ての問題を2周、3周とやっていく時間は殆どの受験生にはありません(その時間が取れる能力がある人はそもそも自分で勝手に勉強できている人なので、こんな説明などは不要です)。ですので、1周目で解けなかった部分をしっかりとメモしておいて、解けなかった問題のみ2周目+「練習」、EXERCISEも、解けなかったところのみ例題に戻って確認、という手法が重要です。解け具合は、「①問題を見てすぐ解けた」「②『指針』だけ見たらあとは自分で解けた」「③解答まで見なければ解けなかった」の3段階で記録しておくのがおススメです。

まとめ

 チャート式数学は、間違いなく高校数学の代表的参考書であり、その網羅性は最高レベルです。

 

今回ご紹介した使用法に従って使い込むことで、どんどん存在意義が高まっていくような参考書だと思います。

 

正しいレベルを選択して、状況にあった正しい使い方をして、最大の効果を得ましょう!

 

※チャートを自分で進めるのが厳しい場合は、更に基礎レベルの参考書から開始するか、「スタディサプリ」や「学研プライムゼミ」などの映像サービスで基礎概念をマスターしてから取り組むのも良いと思います。

【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服

映像授業なら学研プライムゼミ

ちなみにどちらも無料体験ができるので、 登録してみて判断しても問題ないと思います。

 

なお、青チャートを代表例にして、より詳細な目的別、状況別などの使用法を別記事で随時ご紹介していっています↓↓

www.sankousho-wars.info

www.sankousho-wars.info


COPYRIGHT © 2021 参考書ウォーズ