参考書ウォーズ

参考書の使い方、選び方、気になる点をご紹介!

英文法問題集Vintage(ヴィンテージ)をフル活用する使い方!

英文法の問題集は目的によって色々ありますが、総合的な文法問題集で有名なものとして、「スクランブル(Scramble)」「ヴィンテージ(Vintage)」「ネクステージ(NextStage)」などがあります。

 

これらの問題集は、学校で導入されていることが多く、殆どの高校生がこれら(もしくはこれに近い目的の問題集)を持っているのではないでしょうか。

 

しかし、これらの問題集は使い方を誤ると「何周もしているのに効果がない」というような悲劇を引き起こします。

 

そんな状態を防ぐために、文法問題集に取り組む上での重要ポイントを前回の記事(下のリンクをご覧ください)で整理したのですが、今回はその中でも、比較的最近(2018年10月)改訂されたヴィンテージ(3rd Edition)に特化して、ヴィンテージをフル活用するための秘訣をご説明します!

 

(ヴィンテージの話の前に、できればこちらを読んでください↓)

www.sankousho-wars.info

f:id:s_wars:20190904215709p:plain

ヴィンテージの「コラム欄」をいかせ!

ヴィンテージに限らず、このタイプの文法問題集は、基本的に見開きの左側に問題があって、右側に解説があります。

そして、その右側の解説の中に、問題自体の解説だけでなく、関連項目を整理したコラム欄というものがあります。

そのコラム欄が、ヴィンテージは非常に充実していて分かりやすくまとまっています。

 

目的に応じて3つに分類されているコラム欄

ヴィンテージでは、コラム欄を3つの種類に分けて記載しています。

こうすることで、何を理解して、何を覚えないといけないかを明確にしてくれています。

具体的に一つずつ見てみましょう。

 

「まずは確認」で基本事項をおさえる

例えば、「倒置とはこういうものですよ」とか「分詞っていうのはこういうものですよ」といったような、文法事項の基本が説明されている部分です。

 

 この「まずは確認」はかなり基本的な事項になるので、これを読んで理解できるかどうかで、この本に取り組めるかどうかが判断できます。

理解できる場合は、この部分をしっかり読みながら進めていけばいいですし、理解できない場合は更に基本的な文法解説書から始めた方がいいでしょう。

 

無理に進めると、一番最悪な、「解答丸暗記パターン」に陥って成績が上がりません。

 

「しっかり理解」で細かい部分まで理解する

この部分は、先ほどの「まずは確認」よりは頭を使わないと理解できない内容になってきます。

例えば、「when節には、名詞節と副詞節と形容詞節があって、それらの違いはこうですよ」とか「this moerningは前置詞なしで副詞句の役割になりますよ」的な内容のものです。

これらを読んで「それのどこが難しいの?」と思った人は既に相当理解しているはずなので全く心配ないです。

逆に「確かに大変そう」と思った人にとっては、この部分の理解が英文法理解のポイントになってくるはずです。

 

このような理解をおろそかにしたままで4択の解答を暗記してしまうことが、このタイプの問題集の一番のリスクです。大変ですがしっかりと理解しながら進めましょう!

 

「整理して覚える」

最後の項目は、どちらかというと考えずに覚えた方が早いという内容です。(もちろん、これまで書いたような理解部分を理解しているうえでですが。)

 

例えば、「SVOO型を取る動詞はこういうのがありますよ」とか「『耐える』の類義語はbear、endure、standなどをセットで覚えると良いですよ」というような内容が書かれています。

 

この部分で扱われている内容は、本当に良く出る内容がまとまっているので、文法問題や知識問題が問われる大学を受ける人は確実におさえた方が良いです。

 

この部分があることで、「何を覚えないといけないか」を明確に示してくれているのがヴィンテージの素晴らしい点でしょう。

 

まとめ

ここで書いたヴィンテージについての内容は、他の問題集にもどこかには同じようなことが記載されているとは思いますが、ヴィンテージではそれを3つにカテゴリー分けすることによって、学習の目的を明確化しているので、使いやすいと思います。

 

このタイプの問題集で成績が上がらないのは、「文法の問題集なのに文法を理解せずに解答の選択肢を覚えている」のと、逆に「覚えなければならない項目を整理して覚えていない」という2点が原因になっていることが多いのです。

 

ヴィンテージのコラム欄を本気で活用すればこれらの2つを効率よく回避することができます!そして文法をきっちり固めた後は、英文を正確に読むための英文解釈の学習へ!

英文解釈については、以下の記事をどうぞ!

www.sankousho-wars.info

 


COPYRIGHT © 2020 参考書ウォーズ