参考書ウォーズ

参考書の使い方、選び方、気になる点をご紹介!

速読英単語上級編 長文練習に使える?長文難度検証&リンガメタリカと比較!

こんにちは!

 

今回は速読英単語上級編(以下、速単上級)の長文についてです!

 

「単語帳」としての速単上級については、別記事で紹介していますので是非ご覧ください!

 

もちろん速単は単語帳なのですが、長文集として読解を鍛える目的でもよく使用されているかと思いますので、長文部分が読解練習に使えそうかどうかを検証しました。

 

ついでに、同じくZ会から出ているリンガメタリカの長文とも比較しています。

 

このサイトで行っている長文難度検証とは?

※既に別記事で同じ説明を見たから知っている、という方は読み飛ばしてください!

 

このサイトでは、色々なテストや参考書の英語長文の難度を、数値で比較できるように、「FKG」という既存の指標と、「難単語率」というオリジナルの指標を使って、さらにそれらから「総合難度」を算出して比較しています。

 

FKGとは、簡単に言うとアメリカの学年で何年生レベルの英文か、という指標です。これは既に存在するもので、ある程度信頼性があると言われているものです。

 

難単語率とは、FKGだけだと単語の難しさが無視されていることが判明したため、このサイト独自に定義した指標です。ある長文のうち、OXFORD3000という基本単語リストに載ってない単語の比率を単純に表したものです。

 

総合難度は、上記2つの指標を合わせて総合的に順位を付けた方がサイト的に分かりやすいと勝手に判断(?)して作成した指標です。FKGの値に、難単語率の数値÷5を足して算出します。(例:FKGが10、難単語率10%なら、10+2で総合難度12)

 

※更に詳細な算出の経緯に興味がある人はこちらの記事でどうぞ↓

www.sankousho-wars.info

今回の調査対象について

今回の対象である「速単上級」には、合計48の長文が載っています。

 

本来は全て検証すべきなのですが、人力でやっているので大変ということと、難度の目安としてはサンプリング調査でも十分分かるはず、ということから、1,6,11,16という順で46番目の長文まで、計10個を調査しました。

 

ちなみに、別記事で紹介しているリンガメタリカの検証の時は、11テーマで、各テーマ1つずつの11個を検証したので、大体同じぐらいの数になりました。

検証結果!

検証結果を表にまとめたものが以下です。

f:id:s_wars:20191011014758p:plain

リンガメタリカの平均値も比較のために載せています。なお、速単上級は各長文の出典も明記してくれているので非常に良心的ですね。

 

国立、私立、どちらも難関大の問題が多いようです。

 

FKG(アメリカの何年生レベルか)は、1学年分ぐらいリンガメタリカの方が難しいことになりますね。一方で、難単語率は僅かに速単上級が上です。(誤差レベルと言えそうですが。)ちなみに学年は小学校の学年のまま数を増やしていくので、例えば7が中1となり、11というのは高2に相当します。

 

このサイトでの総合難度としては、難単語率がほぼ変わらないことから、FKGの差が影響して、リンガメタリカの方が上となりました。

 

次に、分布図で見てみます。

→リンガメタリカ

→速単上級

f:id:s_wars:20191011015452p:plain

リンガメタリカは、やはり単語帳というよりもテーマを学ぶためのものなので、単語の難度は幅が大きいといえそうです。

 

速単上級は、入試を分析して単語頻度順に並べたものを基準にして、それをカバーする長文を選んでいるはずなので、単語の難度の幅が狭いですね。

 

とはいえ、どちらもFKG11~12ぐらいに集中しているので、全く違うレベルの長文という感じではないでしょう。

長文の練習に使えるか?

検証の通り、速単上級の長文レベルは非常に高いです。

 

センター試験の問6のFKGは大体9ぐらいで、難単語率も4%ぐらいなので、そのレベルがかなり固まってないとなかなか練習としては重い感じになりそうです。

 

まずは基本単語とセンターレベル長文を固めて、8割ぐらいは取れるよ状態で取り組むのが良いでしょう。

 

FKGで10前後ぐらいの長文を扱っている参考書があれば、センターレベルからの繋ぎとして丁度良くなるかと思いますので、引き続き検証していきたいと思います!

 

同じような長文難度の検証データをまとめたランキングも作成しました↓

www.sankousho-wars.info

 

※その他の長文難度検証は、「リーダビリティ」のカテゴリーからどうぞ!


COPYRIGHT © 2021 参考書ウォーズ