参考書ウォーズ

参考書の使い方、選び方、気になる点をご紹介!

【幅広い層におすすめ】「入門英文解釈の技術70」英文解釈の参考書で迷ったらこれ!

こんにちは!今日もおすすめの参考書をご紹介します。

 

「入門英文解釈の技術70」です!

 

一言でいうと、「英文解釈といえば、とりあえずこれを読んでみて判断して!」という感じの参考書です。

 

ただし、同シリーズの全く別のレベルのものが、これに似た見た目とタイトルで複数出ているので、間違えないように気を付けましょう!(それらも、基本的には内容は良いです。)

その辺も今回説明していきます!

 

※なお、「英文解釈ってなんぞや?」という人は、先に以下の記事を読んでみてください!

www.sankousho-wars.info

 

「英文解釈の技術シリーズ」の構成

今回の「入門英文解釈の技術70」は、「英文解釈の技術シリーズ」の一つで、以下のようなシリーズ構成です。

 

(上から簡単な順)

・超入門英文解釈の技術60

・入門英文解釈の技術70(今回の本)

・基礎英文解釈の技術100

・英文解釈の技術100

 

ちなみに、いちばん簡単なレベルである「超入門」は、扱っている英文は高校入試のものですが、構文の説明の仕方や文法用語などは普通に他のシリーズと同様に大学入試想定なので、意外と説明が難しく感じる人もいるかもしれません。(解説自体は詳しいのですが)

そういう人には「大岩のいちばんはじめの英文法 英語長文編」をおススメします。

 

そして、今回の「入門」よりも高いレベルの「基礎」「無印」は、かなりレベルの高い大学で求められる英文になります。

「基礎」については、今回の「入門」をやりこんでも志望校の英文が読めないという場合は、追加するのもアリですが、無印の「英文解釈の技術100」は特別に難解な文章の正確な解釈や和訳が求められる大学でなければ不要だと個人的には思います。

 

今回紹介する「入門英文解釈の技術70」は、守備範囲が結構広いので、まず手に取ってレベルを確かめてみてほしいです!

入門英文解釈の技術70のおすすめポイント

 構文の図解が分かりやすい

これは本書だけでなく、英文解釈の技術シリーズの特徴ですが、英文構造を図で表した解説が非常にわかりやすいです。

 

これは実際に見てもらった方が早いですが、例えば等位接続詞が何と何をつないでいるかというのが並列して書かれていたりします。

 

文は適当ですが、こんな感じです↓

He always eats cakes

                         and

                         apples.

 

これで、cakesとapplesが並列になっていることが分かりやすいですね。(もちろんこのぐらいの文ならそんなことしなくてもわかりますが、もっと複雑な文だと構文理解の役に立ちます。)

 

この点は、冒頭でも記事を貼った「入門英文問題精講」にはない点ですね。見比べてみて、理解しやすい方を選ぶと良いと思います。

学んだ解釈技術を実際に試す演習問題がある

これは非常に重要です。

 

実はこの手の英文解釈の参考書は、基本的には1周して理解すればいいというわけではなく、何周もすることでその文構造が別の英文で出てきたときにも自然と把握できるようにしなければ意味がないのですが、本書ではそれをなるべくこの1冊で完結できるようになっています。

 

第1部でテーマごとに解釈技術を学んで、それが身についているかどうかを演習部分で試せます。

それで正確に読めなければまた第1部を復習する、というように固めていくことができます。

 

また、この演習部分が別冊になっているため、別冊の方だけでも単独で勉強することができます。

 

ちなみにこのような追加の演習問題があるのも、「入門英文問題精講」にはない特徴です。

どういう人におすすめか

かなり幅広く対応できる参考書ですが、大体以下のような人におすすめできます。

 

・高1~2で、ある程度は英語が読めるので、入試レベルの文章を正確に読む練習をしていきたい。

・学校で単語や文法はちゃんとやっているが、英文解釈とかいうものがどんなものかやってみたい。

・受験生で、センターや共通テストレベルで半分ぐらいは取れるが、何となくで読んでいる気がするので点数が頭打ちになってきた。

・受験生で、難関大を目指しているがまずは基礎レベルから固めたい。

 

ちなみに、この参考書は「入門」ですが、本当にきっちりやりこめばMARCHや関関同立でも長文のほとんどの部分は読めるようにはなります。

それでも不足を感じたら「基礎」もやっていくという形でも良いと思います。

 

さらに上を目指す場合の接続としては、シリーズ通りに「基礎」や「無印」にももちろん進めますし、「ポレポレ」にもレベル的には入れると思います。

入門英文問題精講と比べると

どちらも同じぐらいを想定した良書で、それぞれに良い点があるのですが、入門英文問題精講の方は、より基礎的な文法事項の説明から入っている感じで、解釈の説明も文法用語や説明内容などがやや優しめに感じます。

 

ただ、問題精講の方は、先ほど書いたように、類題演習のようなものはないので、その点は今回の「入門英文解釈の技術70」が良いですね。

 

どちらを買ったら絶対に何かがダメになるというような違いというよりは、説明方法や問題構成の違いなので、比べてみて説明がわかりやすいと感じた方を選びましょう!

 

そして、英文解釈で何よりも重要なのは、やりこむことによってその文構造が自然と読解で使えるようになることですので、信じて選んだ方をやりこみましょう!


COPYRIGHT © 2020 参考書ウォーズ